fc2ブログ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

siozukeeeeee

Author:siozukeeeeee
株式投資のブログです。
siozukeeeeeeブログの本拠地ですよ。


カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:未分類
私はネット利用者で、あるサイトに登録する方が1万人いたら、実際に利用しているのはその1/20の500人程度だと考えています。
そしてアクティブに利用している方は、さらにその1/10程度の50人程度だと考えています。
で実際にカネを使う意思があるのは、さらに1/10程度の5人くらいなのではないかと考えております。
この程度の可能性ですから、ネット広告というものは、相当有名なサイトでなければ効果はないと考えております。
1000万人規模のヤフーで、5000人程度へ向けた広告だと思ってます。
ですので私は現状のネット広告というものは、遅かれ早かれ廃れるものだと考えております。

でも私はネット業界には、何ら悲観してはいないのであります。
幽霊会員がいるために最初の1/20の絞り込みは必要ではありますが、そこから先の絞り込みは、サイト運営側の努力でいくらでも緩和させることが出来ると考えているからであります。
仮にアクティブユーザーの割合とカネを使う意思があるユーザーの割合を倍増させることが出来たら、1万人に規模のサイトで、100人ものアクティブユーザーに20人ものカネを使う可能性のあるユーザーがいることになります。
10万人規模なら1000人と200人、100万人規模なら1万人と2000人、1000万人規模なら10万人と2万人であります。

これを都市人口で考えてみてください。
一企業が、地域行政に匹敵するだけの影響力を保持出来るのが、ネットサイトなのであります!
これは他のメディアにはないものであります。
なぜなら相互通行が出来るのは、基本的にネットだけであるからです。
またこれは企業活動を超えるものでありますよ。
企業活動というものも、基本的に一方通行でありますからね。
なぜなら自分からその企業で働きたいと思う人なんていないでしょ。
カネをもらえるから働いているのですからね。

ネット業界はまだまだ進化の過程にあると、私は考えております。
ネット業界が自らの力に目覚めたとき、世界は変わるのではないかと、私は考えておりますよ。
米国では、ネットが大統領を誕生させる力を発揮しているのであります。
すでに一部の人は、もう動き始めているかもしれませんよ。
「Yes We Can !」と。
スポンサーサイト



テーマ : 日記 - ジャンル : 日記


copyright © 2024 長期投資の部屋 all rights reserved.Powered by FC2ブログ